ニュージーランド

ローヤルゼリーを産地で選ぶ

ローヤルゼリーには生・粉・カプセル・錠剤・ドリンク・化粧品等様々な形態があります。
アンチエイジングを始めコレステロールの低下など健康面や更年期障害の改善等と高い効能を持つ故に高価であるため、コスパはもちろんメーカーの知名度や口コミなどから人気の度合いを知るなど選ぶ基準は沢山あります。
また個人差があるため、人気の高いものが自分に合うというものではない為何を基準に選べばいいのか悩みます。
その中でも世界中のメーカーが開発や販売を行っているためその産地のチェックもローヤルゼリー購入にあたって大切なポイントの一つとなります。

世界各国で生産されているローヤルゼリーですが、産地による差はあるのでしょうか。
国産は無条件に安心安全と過信している方も多いと思いますが、日本で見られるローヤルゼリー関連商品もよくよく見ると輸入品が多いことに気付かされます。
ミツバチが働く時期に生産されるわけですから四季のある日本では秋から冬にかけて活動も低くなり原料となる花も少なくなることからローヤルゼリーの生産が激減する時期が生じるのはお分かりだと思います。
ローヤルゼリーは年々人気を増していますが、その生産数も限られているため国産だけでは需要に対応しきれない部分があります。
また、国内外とわず、ローヤルゼリーの配合量の違いもあるので確認しましょう。

カプセルや錠剤などの長期保存でき保存方法も比較的容易な物であれば、口コミ等を頼りによりリーズナブルな海外商品へと目を向けるのもありでしょう。
輸入品の多くははちみつ大国ともよばれる品質の高さで抜群のニュージーランド産や台湾産・中国産・タイ産等があります。

とくに中国産が多くなっています。
中国産は手軽な値段で人気もありますが、環境汚染の心配があったり、品質への不安が拭い切れないと敬遠される方も多いかもしれません。
しかし中国全土が大気汚染で問題となっているわけではなく、広大な土地を持つ中国はローヤルゼリーを生産するには理想的な土地でもあります。
生ローヤルゼリーについても台湾・中国産は近いため遠くから輸入されてくる場合と比べても鮮度は保たれていると言えます。
ローヤルゼリーの信頼度をしっかりと確認したうえで、
商品を選ぶ際には海外品だけに限らず国産品においても同じでどの地域原産か成分内容・保存状態等の品質管理または販売店がしっかりしているか等に注意して選ぶと良いでしょう。